MENU

加齢臭の対策におすすめのボディソープ

こちらのページでは加齢臭の対策に使えるボディソープについてくわしく書いています。

 

加齢臭,対策,ボディソープ

 

加齢臭対策にいいボディソープをお探しの方、

 

加齢臭の対策に効きめのあるボディソープってどれを選んだらいいのか?

 

という方にとって参考になればうれしいです。

 

 

 

加齢臭対策で選ばれるボディソープの特徴って?

加齢臭対策で選ばれるボディソープの特徴としては、

  • ニオイを発する原因となる成分を除去すること
  • 雑菌を抑えて保湿をし乾燥を避けることでニオイを発しにくい肌環境に整えること

大きく分けてこの二つの目的に合った成分を配合していることがあげられます。

 

加齢臭,対策,ボディソープ

 

まず、ニオイの元を除去することに関しては疑問に思う方は少ないかと思います。

 

イヤなニオイの元となるものとして考えられている物質を抑えるための成分で、商品によって使っている成分はそれぞれ異なります。

 

また、このようなボディソープの場合、加齢臭の元として知られるノネナールに対してだけでなく、汗臭や、体臭などもカバーできるよう考慮して複数の成分を配合しているのが特徴の一つです。

 

最近ではミドル脂臭という男性特有のニオイが知られていますが、この原因物質に対してもアプローチするために研究開発されているボディソープも販売されています。

 

 

次に、肌の環境を整える事についてです。

 

ニオイの元となる物質と余分な皮脂の汚れを取り除いた後に、雑菌の繁殖しにくい肌へと環境を整えていくことも大切なことです。

 

肌が乾燥することで皮脂が必要以上に分泌される状態ではニオイ物質の活性化にも繋がるので、これを抑えておく必要があります。

 

そのための保湿成分もそれぞれ独自の研究により、厳選した成分が配合されています。

 

 

このような特徴をもったボディソープで体を洗うことを継続していくことで、ニオイを発しにくくしていくこというわけですね。

 

 

アジカボディケアソープの特徴

アジカボディケアソープの特徴は、

・天然由来成分配合率99.3%
・なめらかでしっとりした泡
・合成着色料・合成香料・パラベン・エタノール・鉱物油・石油系界面活性剤・紫外線吸収材不使用でパッチテストも実施済み。敏感肌の人の使用にも配慮
・国内工場での厳正な製造・品質管理
・全額返金保証

といった感じです。

価格 3980円
評価 評価5
備考 税抜。内容量300ml。
アジカボディケアソープの総評

ニオイ除去、抗菌、保湿それぞれの成分を働きから安全性まで徹底的にこだわった上で作られています。
ニオイの元となる成分や体の汚れを洗い落とすだけではなく、こだわりの保湿成分を配合することでニオイを発しにくい肌の状態していくことにも配慮しているボディソープです。
全額返金保証付きとなっているので、初めての方も安心して使い始めることができると思います。

加齢臭,対策,ボディソープ

デオラの特徴

デオラの特徴は、

・植物由来のニオイ対策サポート6大成分(柿タンニン、トレハロース、葉緑素、銀イオン、シクロデキストリン、薬用炭)を限界まで配合
・デオラ
・クリーミーな泡立ち
・同ブランドの人気オリジナル香水の香りをプラス
・おしゃれなデザインの容器

という感じです。

価格 3980円
評価 評価4.5
備考 税込。内容量480ml。
デオラの総評

洗浄力と洗った後の香りの良さで人気のボディソープです。
一本あたりの容量が多く、一日の使用量をきちんと守って使うようにすると、長く使えてコスパもいいです。
定期購入での割引や、まとめ買いでの1本サービスセットなどを利用するとオトクに購入できます。

加齢臭,対策,ボディソープ

柿のさち 薬用柿渋ボディソープの特徴

柿のさち薬用柿渋ボディソープの特徴は、

・柿渋エキス・茶エキス・シメンー5−オールなど厳選成分
・清涼成分配合で洗い上がりさっぱり
・大容量詰め替えパックの販売もおこなっている
・メントール配合。シトラスムスクの香り。

という感じです。

価格 2160円
評価 評価4
備考 税込。内容量450ml。
柿のさち 薬用柿渋ボディソープの総評

老舗石けん製造メーカーが出しているボディソープで濃厚な泡立ちと良心的な価格で人気です。
メントール配合なので、洗った後のスーっとした感じが好きな方もいれば苦手だという方もいらっしゃるかと思いますので、ここは好みによるかもしれませんね。
こちらでは柿渋エキス配合のシャンプーもあり、一緒に使うことで頭から足まで全身のお手入れがおこなえますよ。

クリアネオボディーソープの特徴

クリアネオボディーソープの特徴は、

・ニオイの元を抑える6種類の成分配合
・無添加&無香料
・認定スキンケアアドバイザーのサポート
・全額返金保証
・ユーカリの香り

といった感じです。

価格 3480円
評価 評価3.5
備考 税込。内容量300ml。
クリアネオボディーソープの総評

雑菌の繁殖抑制、抑臭、保湿成分などが充実していて、ひとつひとつ厳選された天然成分が使われています。
配合成分のひとつであるユーカリをいかした香りとなっていますし、他とは違う香りがいいという方にオススメです。
返金保証があり、解約がいつでもできるため、気軽に始めやすいボディーソープでしょう。

加齢臭対策ボディソープの使い方のコツやポイント

加齢臭対策ボディソープで対策する時の洗い方のコツやポイントとしては、

 

  • 肌を強くこすらず優しく洗う
  • 適量をまもる
  • ニオイの発しやすい部分は特に丁寧に洗う

 

というところになります。

 

ニオイや汚れを早く落としたいという思いやこれまでのくせで、意識していなくてもゴシゴシ肌をこすってしまいがちですが肌の為という視点で見ると逆効果です。

 

最初は物足りなく感じるかもしれませんが肌の表面を滑らせる程度で優しく洗うことを心がけてください。こすり取るのでは無くきめ細かく泡立てたボディーソープの泡に仕事をしてもらうイメージです。

 

そのためにも毎回適量をまもりボディソープを使うようにしましょう。あまり少なすぎると泡立ちにくくなりますし、それでは汚れを落としにくくなってしまいますので。

 

ニオイの発しやすい部分は丁寧に洗うことを心がけ、洗い忘れないようにすることも大切です。

 

特に襟足や首の裏側、耳裏、背中と腋の下は体臭が気になりやすい部分ですので念入りにケアするのがオススメです。

 

身体を洗うタイミングですが、一度湯船につかり毛穴を開かせた状態にしてからの方が汚れやニオイの元を落としやすいです。

 

あなたにとって気持ちいいと感じられる温度のお湯で、ゆっくりリラックスできる時間を確保することで、ストレス軽減につなげられますからね。

 

普段シャワーだけで済ませてしまっているという方ならこのあたりも見直してみるといいかもしれません。

加齢臭対策にいいボディソープの選び方

加齢臭対策のためにボディソープを選ぶときのポイントとしては、

 

  • ニオイの原因物質の除去、除菌にこだわっている
  • 保湿目的の成分が充実している
  • 続けられる価格
  • 好みの香り
  • 高い安全性

 

というのがポイントになります。

 

まず、ニオイの原因物質の除去、雑菌の繁殖を抑える事などを目的とした対策成分を配合しているボディソープを選ぶようにしてください。

 

どういったものが一般的に使われているかというと、柿渋エキス(柿タンニン)、炭、茶エキス、銀イオンなどです。

 

また、肌の乾燥を防ぎコンディションを整えることもニオイを防ぐには大切なことです。保湿成分も充実しているものを選びましょう。

 

洗浄後に肌を整えられる成分が配合されているボディソープがオススメです。

 

そして、毎日使うものですから、安全性や刺激を抑えることに配慮していることをよく確認してください。

 

肌が荒れやすく刺激の強いものでは毎日使うことは難しいですし、加齢臭対策が継続できなくなってしまうようでは意味がありません。

 

続けやすい価格で好みの香りであるということも大切です。

 

加齢臭対策ボディソープは、ストレスなく続けられるものを選ぶようにしましょう。

おすすめはアジカ

いかがでしたでしょうか?

 

ここまで加齢臭対策ボディソープを4つご紹介しましたが、一番おすすめはやっぱり1位のアジカです
加齢臭,対策,ボディソープ
消臭成分の質はもちろんですが、保湿のことも意識した配合成分も充実しているのに続けやすい価格ですし、製造段階からの安全性への配慮もきちんとされています。

 

なんといっても、無期限の全額返金保証をつけているのが最大の安心要素だと思います。

 

やはり使ったことがないボディソープが効果があるかどうかは試してみないことには始まりませんからね。このような保証がついている商品は少ないです。

 

定期購入による送料無料サービス(沖縄・離島にお住まいの方を除く)と割引、おまとめ注文による割引の適用でオトクに続けていくことができるような料金システムになっているところも見逃せません。

 

価格、消臭成分、自然な香り、続けやすさ、口コミでの評判などをトータルで考えた場合にはまずアジカを試してみるのがいいでしょうね。

 

 

加齢臭,対策,ボディソープ

 

 

 

加齢臭ってどんな臭い?

加齢臭とは言葉の通り、年齢を重ねた結果、体から発せられる体臭です。個人差はありますが、ほとんどの人々が持っています。早い方だと20代で、平均で30代で遅い方でも40代になれば自然発生します。自分の体臭を嗅ぐ事は難しく、本人は自覚していない事が殆どです。女性や子供は加齢臭を嫌う傾向が強く、いわゆるオジサン臭い人は避けられます。

 

具体的に加齢臭の臭いとはどんな物なのでしょうか。そもそも加齢臭に決まった臭いはありません。年齢を重ねる事で皮脂の方も老化し、その影響で体内から他人を不快にさせる香りが自然発生します。人によって加齢臭の臭いは違っており、牛乳を拭いた濡れ雑巾のような臭いを放つ人もいますし、仏壇のロウソクのような香りを放つ人々も多いです。また古本屋さんのような香り、枯れ草や生ゴミやお風呂場の排水口のような臭いを放つ人々もいており、いずれも嗅覚が敏感な方だけではなく、普通の人にまで伝わってしまうため、注意しなければいけません。

 

またお酒やタバコを長年愛用している方は、体内にそれらの香りが染み付きます。個人の加齢臭に、タバコやアルコールの臭いが混じり合い、独特の不快な加齢臭の臭いが発せられてしまっている方々も多いです。時々混同されますが、いわゆる汗臭い香りと加齢臭の臭いは別物です。汗は老若男女問わず流します。それこそ赤ちゃんでも汗を大量に流すと独特の酸っぱい臭いが漂います。

 

加齢臭は汗と一緒に強く周辺に漂うため、夏場は特に無意識的に体臭が拡散しがちです。

 

加齢臭はどこから臭う?

加齢臭の臭いがどのようなものか知っていても、どこから臭ってくるのかは知らない人もいます。一般的に言われることが多いんは耳の後ろ側ですが、その他の部位が発生源になっていることも珍しくありません。加齢臭を引き起こす原因となるのは皮脂が酸化する現象です。

 

つまり、皮脂の分泌量が多い箇所から臭ってくることがよくあります。耳の後ろは皮脂の分泌が多い場所であるため、発生源として認識されている人が多いのです。また、洗い残しが多いことも大きく関係しています。シャンプーや洗顔をしたときに、耳の後ろまでしっかり洗っていないと、臭いが出やすくなるので注意しなければなりません。

 

うなじも洗い残しが多いので気を付ける必要があります。頭皮は特に分泌量が多い部位であるため、頭全体から臭ってくることもよくあるパターンの一つです。

 

耳の後ろと同様にうなじや頭皮は露出しているため、臭いが周囲に伝わりやすくて他人に気付かれることが少なくありません。また衣類で隠れる部位であっても、強い発生源になることも多いです。たとえば、脇の下に染みができている人を見たことがあるでしょう。

 

汗をかきやすい部位であるため、皮脂の酸化もよく起こって、必然的に臭いを発しやすくなります。背中に汗をかきやすい人も同様に、そこから加齢臭を振りまきやすいです。

 

おへその周りから発生する場合もあるなど個人差がありますが、皮脂の分泌が盛んな部位であることに違いはありません。